2012年10月03日

内需について

内需拡大は厳しいと思う。

予想
スーパー、コンビニは安泰。

医療、介護は伸びる。

家電は日本市場で熾烈な中国、韓国勢との生き残りをかけた競争が生まれる。
日本のメーカーは今の戦略ではまず、厳しい。

金融は横ばい、一部は伸びる。
posted by あうygふyg at 21:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週の書籍 真山仁 ハゲタカ

映画化もされたベストセラーでM&Aを題材にした小説ハゲタカである。

読む前は本当に面白いのか?と思っていたが、ほんとうに面白い。

個人的にはTVドラマ版より小説のほうが10倍いい作品だと思う。M&Aの詳細な描写や登場人物のストーリーがうまく書けているし、M&Aの勉強にもなるし、純粋に小説としてもたのしめる作品。まだ読んでいない方や、TVドラマ版しか見ていない方はぜひご一読をおすすめします。

ハゲタカ(上) (講談社文庫) [文庫] / 真山 仁 (著); 講談社 (刊)





ハゲタカ2(下) (講談社文庫) [文庫] / 真山 仁 (著); 講談社 (刊)
posted by あうygふyg at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日産リーフ新しい革命

日産リーフが電気自動車の主役になりつつある。三菱自動車が電気自動車でトップを走ると思われていたが、現実は日産リーフだった。電気自動車はまさに新しい革命である。将来、もっと走行距離が伸びるだろう。
日産リーフが将来シェアを伸ばしていくと予想する。

電気自動車は売れれば売れるほど性能が向上し製造コストが下がるはずである。
謎なのはトヨタが電気自動車を発表していないことだ。
なにかさらなる電気自動車を開発しているのだろうか?

車が売れないのは構造的な問題である。というか、車を買う、買わない以前に今の若者は仕事が無い。
正社員になれない。いつまでこの仕事ができるか分からない。と行った日本の構造的問題がある。

つまり、現状では車はコストがかかりすぎるので持てない。と判断されているのである。

性能のカギを握るのはリチウム電池とバッテリーの性能だ。

経営陣が判断し、開発が進めばさらなる電気自動車の走行距離の距離が伸びるはずだ。
posted by あうygふyg at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする